<素材>
・黒毛和牛霜降りのリブロースしゃぶしゃぶ用
 人数分(お一人分300g×人数)
・下仁田ネギ(or白ネギ) ・水菜
・きのこ類 ・豆腐
・そのほかお好きな野菜  
<出汁>
・お酒(日本酒) ・昆布
・かつお節 ・海塩
・片栗粉
  • まず、出汁を作ります。
    土鍋に水を張り、お酒(日本酒)も少々入れ、昆布1枚入れて火にかけます、
    沸騰する直前に昆布を取り出します。

  • かつお節をざるに入れて、これも軽く沸騰すれば取り出します。

  • 水溶き片栗粉を作り、少量沸騰している出汁の中に混ぜながら入れます。

  • 美味しいミネラルたっぷりの海塩もひとつまみ入れましょう。
    これでしゃぶしゃぶの出汁が出来上がりです。

  • あとはしゃぶしゃぶのお肉、野菜を入れてポンズ、ゴマだれなどをつけて食べましょう。


    なぜダシにするのか?ここがポイントです。
    「普通、昆布ぐらいは入れるけど鰹節とお塩はね・・・」という方もいらっしゃるかもしれませんが、
    かつお節で出汁をとることにより風味がすごく良くなり、逆に生臭さがなくなります。
    海塩を入れることによりお肉の旨味が凝縮されます。どんなお肉にも塩分が少し含まれているので、お肉を湯がくお湯の方に塩分があれば浸透圧の関係でおいしい旨味がお肉から出ないということです。
    なぜ片栗粉をいれる?片栗粉を入れることによりのどごしが良くなり、冷めにくいので、そして旨味が逃げない利点があります。

     

     

    何か「ためしてガッテン」のようになりましたが、おいしくしゃぶしゃぶを食べるコツだと思ってください。

    そして、できるだけお肉は黒毛和牛の良いしゃぶしゃぶ肉を使ってください。 しゃぶしゃぶはお肉の味がストレートに分かるお料理です。ぜひ「肉のいろは本店」の黒毛和牛肉をお試し下さい。



しゃぶしゃぶ用のお肉はこちらから!
↓↓↓
肉のいろは本店がおススメするしゃぶしゃぶ用お肉売り場へGo!

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

一角 武

「とことんまでやろう!」って、スタッフとも決めてます
常に美味しいお肉を追求しています美味しいものが大好きな社長は風体こそ怪しいが、 中身はくそまじめな人間です。 常に美味しいお肉を追求しています。

「肉のいろは本店」のお肉の詳細はHPからチェック!
↓↓


親父の代から肉屋やってますが、親父もグルメで 小さな頃からいろんな銘柄の牛、豚、鶏、ヤギ、羊、馬、鹿、猪‥‥、 あらゆるお肉を食べさせていただきました。


そして日本中の美味しいと言われるお肉を食べつくし、たどり着いたところで、
熊本のメスの黒毛和牛
沖縄の琉球ロイヤルポーク
山形の平田牧場三元豚


を選びました。特に、黒毛和牛はメス牛しかお売りしません。 なぜなら、メス牛が一番美味しいからです。
風味・食感・香り・甘み・旨みどれをとってもオス牛にはない繊細な味。 「オス牛を売れ!」といわれても置いていないのです。